貴重な時間を使うからには
本気で取り組みたい。
貴重な時間を使うからには本気で取り組みたい。
そういう思いを持っている方と
一緒に仕事をしたい。

MESSAGE

MESSAGE TO STUDENTS

一回きりの人生、
没頭して仕事をしてみたく
ありませんか?

当社は、社員が没頭して仕事をするための舞台であり続けます。

みなさんは、何かに没頭して気付いたら、あっという間に時間が過ぎていたといった経験はありませんか?私にはよくあります。そういう時間の後は、やり切った充実感や心地よい疲労感を感じることができます。同時に、自分でも信じられないくらいの力を発揮して結果を出せていることが多いです。私がハッとさせられた山田かまちの詩に 「人を感動させたいなんて それはおもしろくない発想 それよりも、自分が感動したい。」という一節があります。何かに没頭することは、心を揺さぶる程の感動をして、人生を思い切り味わうための鍵だと思います。当社は、社員が没頭して仕事をするための舞台であり続けます。みなさんは、一回きりの人生、没頭して仕事をしてみたくありませんか?

システムエンジニアのパラダイスというコンセプトで作られた会社

当社は元々「システムエンジニア(SE)のパラダイス」というコンセプトで、当時SEだった社長の鈴木が数名のSEとともに設立した会社です。SEには、自分で考えたことを自分の技術で実現したいという人が多いです。そういう人たちが、決してやらされ仕事ではなく、好きなように意見を言い合い、思う存分腕を振るえる会社を作ったということです。「全員経営」を掲げているだけあって、社内での丁々発止の議論はしょっちゅうのこと。役職や年齢関係なくフラットに意見が言い合えるのは当社の特長だと思います。ただし、議論を尽くした後はノーサイド。決まったことに対しては、全員で協力して取り組む、それも全員経営です。だから、自分の意見を持ち、何にでも一言いいたくなっちゃうような人が当社には合っていると思います。

555計画を社員全員のワクワクの対象にしたい。そして、達成の喜びを一緒に味わいたい

もっと多くのお客様から1番頼りにされたい。独自のサービスを開発して事業の幅を広げたい。様々なプロジェクトや組織のポストを経験できる成長機会を作りたい。そんな思いから会社を拡大させる目標として555計画を策定しました。例え話になりますが、私は文化祭の準備のようにしてこの長期目標に取り組みたいと思っています。文化祭には、応援団をやる者がいたり、合唱団をやる者がいたり、美術作品を制作する者がいたりします。そして、それぞれのメンバーがそれぞれの持ち場で、ワクワクしながら、力を発揮して一つの文化祭を作っていく。その過程自体がすごく楽しかったという経験があるからです。当社は今まさにその過程の真っただ中です。これから当社に入社して一緒に達成を目指すというのはいかがでしょうか。ぜひ達成の喜びを一緒に味わいたいと思います。

株式会社システムサーバー
専務取締役  鈴木 生雄